クリスタルジェミーの医薬部外品化粧品

医薬部外品の表記

クリスタルジェミーの商品には「医薬部外品」と表示されているものがいくつもあります。

たとえば、チェンジシリーズの以下3点は「医薬部外品」です。

・チェンジ リンクルプラスワン<目元用美容液>
・チェンジ Wリポホワイト<薬用クリーム>
・チェンジカリスマ UVホワイト<薬用日焼け止め乳液>

「医薬部外品」は、医薬品と化粧品との中間に位置する製品で、
ある特定の効能・効果について、薬事法によって承認された製品をさします。

ドラッグストアには、沢山のスキンケア商品が売られていますが、
それらは薬事法によって「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分類されています。

医薬品が治療目的なものであるのに対し、医薬部外品は予防に重点が置かれたものを言います。

医薬部外品として化粧品を販売するためには、厚生労働省から承認を受けた有効成分を
配合した化粧品として、厚生労働省に申請して認可を受ける必要があります。

医薬部外品として認可された「美白化粧品」なら、「メラニン色素生成を抑えることにより日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ」等の美白効果を広告等で表示する事ができますが、そうでない化粧品の場合は、「メ-クアップ効果により肌を白く見せる」旨しか表記が許されていません。

そして、医薬部外品の成分は有効成分と添加剤に分けられます。

有効成分は医薬部外品の効能・効果を示すために必要な成分であり、
有効性が期待できる量でかつ、安全性が確保された範囲で添加する事が認められています。

ちなみに「薬用」と表示されているものも沢山ありますが、よくみると「医薬部外品」と書かれています。

薬用=薬のことではありません。

「医薬部外品」でなくても、効果を実感できる化粧品はあります。

でも、「医薬部外品」の認可を得ているということは、有効成分に対して厚生省のお墨付きを得ているということ。

薬学的な裏づけを得られるというのは、開発力がある証。

クリスタルジェミーを評価する上で、1つのポイントになると思います。